サイトイメージ 最新ニュース イベント情報 ごあいさつ タミフルとは 薬害タミフル脳症被害者の会について 会員被害者の現状 活動記録 報道 皆様の声 お勧め本のご紹介 要望書一覧 リンク ご質問・ご意見

タミフル110番

 

HOME>>報道(一覧表示)>>報道(詳細)

報道

<<前の記事へ次の記事へ>>

2012年01月21日 抗インフルエンザ薬の備蓄、タミフルとリレンザで継続

新型インフルエンザ対策ガイドラインの見直しに対する意見書案


厚生労働省の新型インフルエンザ専門家会議(議長;岡部信彦・国立感染症研究所感染症情報センター長)は1月18日、新型インフルエンザ対策ガイドラインの見直しに対する意見書案をまとめた。その中で、抗インフルエンザ薬の備蓄については、「従来どおりタミフルおよびリレンザを備蓄」するよう求めた。新薬であるラピアクタとイナビルについては、「有効期間が短く備蓄に適さない」との評価だった。

nikkei BPnet (プレスリリース)

<<前の記事へ次の記事へ>>