サイトイメージ 最新ニュース イベント情報 ごあいさつ タミフルとは 薬害タミフル脳症被害者の会について 会員被害者の現状 活動記録 報道 皆様の声 お勧め本のご紹介 要望書一覧 リンク ご質問・ご意見

タミフル110番

 

HOME>>報道(一覧表示)>>報道(詳細)

報道

<<前の記事へ次の記事へ>>

2011年12月14日 インフルエンザ予防接種 効果に懐疑的な母親も

インフルエンザ予防接種 効果に懐疑的な母親も
2011.12.13 07:42
 子供がインフルエンザの予防接種を受けなかった理由は、「タイミング」「お金」「効果がないと思う」-。健康日本21推進フォーラム(東京都中央区)の調査で、母親のこんな意識が明らかになった。

 調査は8月、過去1年間に季節性インフルエンザか新型インフルエンザで病院へ行ったことのある16歳未満の子供の母親1千人を対象に実施した。昨シーズンのインフルエンザへの対処と意識を探るのが目的。

 それによると、56・3%の子供が「予防接種をした」と回答。「しなかった」と答えた43・7%に理由を尋ねたところ、「タイミングを逃した」(34・8%)▽「お金がかかる」(33・9%)▽「予防接種は効果がないと思う」(29・3%)▽「面倒くさかった」(7・6%)-などが挙がった(複数回答)。

 また、処方薬は「タミフル」が43・5%、「リレンザ」が39・9%。いずれも5日間飲み切ることが必要だが、16・3%が途中で服用をやめていた。新渡戸文化学園短期大学(中野区)の中原英臣学長は「抗ウイルス薬はウイルスの増殖を止める薬。途中で服用をやめればぶり返す恐れがある」と警告している。

MSN産経ニュース

<<前の記事へ次の記事へ>>