サイトイメージ 最新ニュース イベント情報 ごあいさつ タミフルとは 薬害タミフル脳症被害者の会について 会員被害者の現状 活動記録 報道 皆様の声 お勧め本のご紹介 要望書一覧 リンク ご質問・ご意見

タミフル110番

 

HOME>>会員被害者の現状(一覧表示)>>会員被害者の現状(詳細)

会員被害者の現状

<<前の記事へ次の記事へ>>

2006年01月31日 『タミフル服用後の異常行動16歳』  兵庫県  会員

前略
毎日、暑いですね。8月5日にお手紙受け取りました。
毎日がつらいですね。今は暑さが厳しいので…あつい、あついと言ってる間は、タミフルのことは 忘れつつありましたが、お電話で…あの時を思い出して一人でも多くの人に、タミフルの恐ろしさをお知らせすることですね。
つらいお気持ちは、よくわかります。タミフルは飲まないように、人々に話しております。今は暑さでのびています。これから寒さが来ると、又、人々が風邪でタミフルが問題になる時が来るでしょうね。

平成18年1月31日 受験終わった孫から、「風邪をひいた。」と電話あり、「手を洗って、うがいをしてね。」と、再び夜中12時頃、「医者へ連れてって。」というので、「救急」に電話する。

市民病院にて、インフルエンザと聞き、タミフルとその他薬をもらう。帰ったらすぐ飲むようにと5日分もらう。5日間必ず飲むようにと。

4時頃、薬を飲んで1時間30分〜2時間ほどして、うわ言(動物のように「ウオーッ!、ウオーッ!」)、階段を飛び降りようとする。又、小さなベランダですけど、寒さの為に、工事用の糸の入った透明のビニールをかけていますので助かりました。

4回ほど飛び降りようとし、中2の孫(男)に、「助けて!」と声をかけて、二人で腰と足にぶら下がり、部屋に入れて…、さらに首をつかまえて立ち上がらないようにし、下へ降りて電話をと思い…でも頭が白くなり、電気を点けることも出来ず、雨の中、はだしでお向かいの奥様に、「助けてー!」と電話をしてもらいました。

駆けつけた救急隊は、「暴れているのでと、電話をもらったので警察を呼ばなければ…」と言い…、でも本人は、落ち着いて住所、氏名を自分で言えたので、連絡を取り市民病院へ行きました。

市民病院で「タミフルを飲んで、異常行動を起こした。」と話すと、
「時間が流れたら、薬が流れます。」と、待たされて、やっと内科へ入院。

小さな薬を飲み、翌日昼頃までいました。
先生が来て、「退院をするように。」言い、「窓に、鍵(柵)が無いので、責任を取れません。」とのことで、まるで、「きちがい」扱いです。

インフルエンザの場合は学校に書類を提出しなければなりませんので、市民病院へもらいに行きました。小児科へ回され、待たされている間に、院長みたいな人が小児科へ入っていき、その時私は思いました。「事細かく聞かずに帰すように言いにきたのでしょう。」と
やっぱりそうでした。何も聞かずに「だいじょうぶですよ。」と、証明印を押してもらい帰りました。1学期が終わり、通知表を見たら欠席になっておりました。インフルエンザの印では無かったのです。本人は「休み」になったと怒っております。

今の所、わかりませんが、薬を怖がっております。どんな薬も(私が飲もうとしても)だめと嫌がっております。身長が1m86cmもありますので、細いのですが、あの時は、バカ力がありました。
薬は2度目に行った時に、病院が取り上げました。残しておけばよかったと…
<<前の記事へ次の記事へ>>