サイトイメージ 最新ニュース イベント情報 ごあいさつ タミフルとは 薬害タミフル脳症被害者の会について 会員被害者の現状 活動記録 報道 皆様の声 お勧め本のご紹介 要望書一覧 リンク ご質問・ご意見

タミフル110番

 

HOME>>会員被害者の現状(一覧表示)>>会員被害者の現状(詳細)

会員被害者の現状

<<前の記事へ次の記事へ>>

2005年02月03日 『タミフル服用後2歳児睡眠中の突然死』  栃木県 会員

【経  過】

<平成17年2月3日>
兄(3歳)、熱38.5度でかかりつけの小児科受診。
インフルエンザ反応(-)。夜、熱39.1度。

<2月4日>
・兄は熱が下がっていたが、弟(2歳)が37.5度あり
2人共、前日の小児科を受診する。(午前11時頃)
検査にて、2人共、インフルエンザA型と言われ、
タミフルと咳、鼻水の薬を処方される。
この時は元気だった。

・昼に帰ってきて、ウドンを食べた。
1時頃、39度になっていたので
出された薬を飲ませる。(抱いていた)
            
以後 昼寝していたが 2時過ぎに 急に弟が 頭が
痛いと訴え 30分位 抱っこしていた(ぐずっていた)が
眠ったので 布団に寝かせた。
15分後に、咳き込んだが、また眠った。
その15分後に パタンと寝返りをうった。
又 15分後に 昼寝から起きた兄が 弟を見ると
指先が冷たくなっていた。(体は温かかったが、目は半目
口は開きっぱなしで 全身だらんとしていた。)3時45分頃
脈も無く 呼吸も無く 救急車を呼ぶ。教わったように
人工呼吸をするが、息を吹くと腹がふくらむのみで
全く反応は無い。
4時5分頃 救急車が来て 日赤病院へ運ばれる。

・日赤病院で手当 20〜30分して心臓のみ動くようになる
CTを見せてもらう。(脳が腫れていた)
小児科病棟に移る時 心臓の動きが弱まる。
翌日 朝までは 駄目かもと言われるが 夕方までもつ。

<2月5日> 6時頃 2回弱くなり 外に出される。 昼間、尿と便を
出すも その後は出ない。
夜 8時に死亡。
・インフルエンザ脳症と言われる。
・日赤でも タミフル、シンメトレルを注射で入れる。
<<前の記事へ次の記事へ>>