サイトイメージ 最新ニュース イベント情報 ごあいさつ タミフルとは 薬害タミフル脳症被害者の会について 会員被害者の現状 活動記録 報道 皆様の声 お勧め本のご紹介 要望書一覧 リンク ご質問・ご意見

タミフル110番

 

HOME>>活動記録(一覧表示)>>活動記録(詳細)

活動記録

次の記事へ>>

2016年10月16日 医薬ビジランス・シンポジウムに参加

この秋、大阪にて下記の要領で、医薬ビジランス・シンポジウムを開催いたします。  
タミフル、「分子標的薬」のイレッサ、HPVワクチンなど、21世紀になって開発や承認がなされた新 たな作用の薬剤による被害が続いています。これら「21世紀型薬害」では、医学的・科学的に因果関係 が証明できても、国やメーカーはそれを頑として認めず、裁判所は被告(国やメーカー)の意見のみを取 り上げ、自らは何も判断しようとしません。このような状況下、他にも薬害を引き起こしかねない薬剤は 多数存在します。  シンポジウムでは、医学的・科学的根拠と、判決の根拠とのギャップについて、徹底的に討論します。ぜひ、 ふるってご参加ください。(簡単なプログラムと会場への地図は裏面)
★参加ご希望の方は、なるべく事前申込みを。下記にご記入のうえ、FAX で当センター宛てお送りください。 当センターの HP http://npojip.org からネットでの申し込みもできます。 当日参加も可能ですが座席が確保できない場合がありますので、ご承知おきください。
主   催:特定非営利活動法人 医薬ビジランスセンター 後  援:宝診療所(群馬県太田市)
医薬ビジランス・シンポジウム開催のご案内

次の記事へ>>