サイトイメージ 最新ニュース イベント情報 ごあいさつ タミフルとは 薬害タミフル脳症被害者の会について 会員被害者の現状 活動記録 報道 皆様の声 お勧め本のご紹介 要望書一覧 リンク ご質問・ご意見

タミフル110番

 

HOME>>皆様の声(一覧表示)>>皆様の声(詳細)

皆様の声

<<前の記事へ次の記事へ>>

2018年01月17日 【594】 タミフル服用後 低体温 /.1歳 女の子  匿名 さんより  ・・・・タミフル110..

>被害を受けた方 = 娘
>年齢 = 1
>性別 = 女
>体重 = 11
>発症年月日 = 2018 1 12
>どのような被害 =
> >タミフルを飲ませた次の日に熱は下がって安心していたたのですが突然怒りだし大泣
き大暴れし、抱っこしようとしても嫌がり逃げたり床に寝転がりのけぞりながら泣き叫
ぶということが1日に4回くらいありました。怖くなりかかりつけに行くと鎮静効果の
あるダイアップをもらったのですがまた副作用の説明をされ怖くて飲ませていません。
>タミフルは継続するように言われ継続して飲ませていますが発症から4日目の夜から低
体温になっています。
>35土台で今も体が冷たく先程も泣き叫びながら布団の上をごろごろしたり座ったりし
て今やっと落ち着いて寝始めたところです。普段はそんなことはありません。
>呼吸が止まってしまわないかと不安で寝られません。
> >タミフルを辞めたいですが上の子もタミフルを飲み、怒りだし手をつけられなくなっ
たことがありタミフル副作用中止したらインフルエンザ肺炎になってしまい、入院した
ことがあり医者に子供の前でとても怒られやっかいな患者扱いされその小児科には行き
ずらくなってしまった過去があるので今のかかりつけからも怒られ行きづらくなってし
まうともう近くに小児科はないので怖くて迷っています。でも相談するとあと2回分服
用するように言われそうだし、辞めてしまったらもしまた合併症になってしまった場合
またタミフルをやめたからだ!と怒られると思うとどうしていいかわかりません。
>医者からはタミフルのせいではないインフルエンザにそうゆう症状がでることがある
と聞きましたが私はタミフルのせいだと確信しています。
>症状に対する治療 = その他
>副作用に対する治療(その他) = 今は落ちつき寝ていますが低体温です。
>現在の症状 = 一応収まった 回復していない
>現在の症状(その他) = 低体温、たまに起きて泣き叫ぶ。
>タミフル服用から副作用と思われる症状が出るまでの時間 = 48時間
>服薬記録 = タミフル服用8回
>その他 = 返信いただきたいです。

[00619]

匿名さま 

専門的なことなので、
NPO法人医薬ビジランスセンター(薬のチェック) 浜 六郎(内科医)
がお答えします。

>突然怒りだし大泣き大暴れし、抱っこしようとしても嫌がり逃げたり、
>床に寝転がりのけぞりながら泣き叫ぶ
>タミフルは継続するように言われ継続して飲ませていますが、
>発症から4日目の夜から低体温になっています。
>私はタミフルのせいだと確信しています。

 突然怒り出し大泣き大暴れ などは、異常行動の一種で、
 突発型のタミフルの害反応です。
 一方、低体温は、突発型と遅発型にわたる複雑な反応ですが、
    リレンザなどにはないタミフルに特徴的な反応です。
 あなたの確信は正しいです。

 「突然怒りだし大泣き大暴れ」の時に止めたいというのを
 医師がどうして継続するように言うのか、医師の指示を疑います。しかし、
 元をたどれば、厚労省がタミフルとの因果関係を完全否定しているからです。
 昨年暮れに、他の薬剤でも起こると警告を厚労省が出しましたが、
 これまでの否定のし方が徹底してしまっていたので、
 一般の医師の認識がなかなか変わらないのでしょう。
 
>上の子もタミフルを飲み、
>怒りだし手をつけられなくなったことがあり、
>タミフル副作用中止したらインフルエンザ肺炎になってしまい、
>入院したことがあり医者に子供の前でとても怒られ、

 肺炎になった時の状況をもう少し詳しく聞かないと、
 判断できませんが、少なくとも言えることは、
 タミフルは、肺炎を防止することはありませんから、
 肺炎になったのは、タミフルを止めたからではありません。
 一見、止めたら肺炎が起こったように見えるのは、
 タミフルを服用している期間は炎症が抑えられていて
 肺炎が目立たないけれども、中止すると炎症がぶり返すから
 です。そのために、中止したから肺炎が起こったように見えるのです。
  このことは、小児の臨床試験でも確かめられています。
 (服用人数はタミフル群合計515人とプラセボ(擬薬)群合計517人)
 服用5日+その後服用の影響が残っている2日=服用開始から1週間は
  肺炎はタミフル群がプラセボ群よりも少なかった(10人と17人)。
 ところが、
 終了3日目からの1週間では、タミフル群に多かった(8人と1人)。
 合計は同数18人ずつでした。               
 
 つまり、タミフル服用中には肺炎が目立たなくなっているだけで、
 止めると、抑えられていた肺炎が顕在化する、ということ なのです。
 したがって、できるだけ早くやめてよいのです。

 >呼吸が止まってしまわないかと不安で寝られません。
 
「突然怒りだし大泣き大暴れ」のような異常行動は、
突発型の害反応(副作用症状)で、インフルエンザの症状が
一番強い時にタミフルが脳内に移行しやすいために起こります。
しかし、インフルエンザ症状が軽くなるにしたがって、
脳内への移行が少なくなると、服用していても症状が出なくなります。
 呼吸が止まるのは、突発型の最大の害反応ですから、異常行動が
治まってきた状態で、呼吸が止まる心配は、まずありません。
安心してください。

いろいろと、ご心配でしょうが、インフルエンザは基本的に、
自然に治る軽い感染症なので、暖かくしてゆっくりと休ませて
あげてください。
詳しくは、私の著書
「やっぱり危ないタミフル」
http://www.npojip.org/contents/book/shohyo030_01.html
「薬で脳症にならないために」
http://www.npojip.org/contents/book/book011.html
をお読みください。

なお、低体温は、徐々にですが、タミフルを止めていたら、
必ず戻りますので安心してください。

NPO法人医薬ビジランスセンター(薬のチェック) 浜 六郎

<<前の記事へ次の記事へ>>