サイトイメージ 最新ニュース イベント情報 ごあいさつ タミフルとは 薬害タミフル脳症被害者の会について 会員被害者の現状 活動記録 報道 皆様の声 お勧め本のご紹介 要望書一覧 リンク ご質問・ご意見

タミフル110番

 

HOME>>皆様の声(一覧表示)>>皆様の声(詳細)

皆様の声

<<前の記事へ次の記事へ>>

2018年01月13日 【593】 タミフル服用 /.5歳 女の子  匿名 さんより  ・・・・タミフル110..

>年齢 = 5
>性別 = 女
>体重 = 20
>発症年月日 = 2018 1 7
>どのような被害 =
> >7日 日曜10時に発熱 37,6度 38,2 翌日月曜は38,8前後
> >連休だったため火曜15時に受診(小児科専門医) インフルエンザab同時感染と判
明。(ワクチンは2回目が11月9日に接種済み)タミフルドライシロップが処方され
、1日分2回をすぐのでくださいとのことで、17時に服用 1時間後に嘔吐 水を飲
ませず様子をみてると30分後に嘔吐。1回目より3時間以上をあけて2回目服用させ
てくださいとのことだったので、水をのませても嘔吐しないことを確認し、21時に2
回目のタミフル。1時間半後に再び嘔吐。
>症状に対する治療 = 薬を止めた
>副作用に対する治療(その他) =
> >翌日医師に確認するが薬は変えられない。嘔吐しても飲ませてくださいとのことだっ
たが以前私自身もタミフルを服用し酷い吐き気があったため医師に相談して中止した経
験があったので、娘へのタミフル服用を自己判断でやめました。水曜日朝少し下がって
たが、14時は39度台
>火曜日にタミフル服用以降 水をのませても リンゴを食べてもは嘔吐はなし。(受
信日の当日 朝方 少量の嘔吐は1回ありました)
>現在の症状 = その他
>現在の症状(その他) =
> >木曜は37度台前半に、本日金曜日になって 平熱に。
>ただ 昨日(木曜)昼に(^^)発疹。夜になると腹部 手首の内側にも発疹。
>今日(金曜日)耳のうしろ 足の付け根 背中にも発疹。
>本日午後に皮膚科を受診したところ 塗り薬と 残っているタミフルを飲んでくださ
いとのこと。
>タミフル服用から副作用と思われる症状が出るまでの時間 = 1時間
>服薬記録 =
> >1日分 2回
> >カルボシステインドライシロップ
>プルスマリンAドライシロップ
>(タミフル以外の上記の薬はいままで飲んでいたもの 前回服用時も嘔吐なし)
>その他 =
> >解熱した状態で 皮膚科の医師がいうようにタミフル服用する必要があるのでしょう
か? ウイルス性発疹とのこと。
>(皮膚科は最初に受診した小児科とは別のクリニックです。)
> ****
時期的に多数の問い合わせがあるにも関わらず、 朝早くに返信をいただきましてありがとうございます。

どの医師もタミフル、タミフルといい
飲ませない親が悪いかのようにおっしゃいます。
医師の言うとおりにしない面倒な患者という扱いなのでしょうか…。

タミフルがない昔は、水分とって安静で治すしかなかったのに、 どうして
体調不良時に恐らく薬の影響で嘔吐までしても飲ませる必要がある のか不思議になりません。

問い合わせ時、お伝えし忘れたのですが、発疹については皮膚科でクリームが処方され、プラス小児科での残っているタミフルを飲んで下さいとのことでした。

慌てて問い合わせをさせていただいたため、誤って顔文字が入ってしまいました。大変失礼いたしました。

お忙しいにも関わらず、長々とメールをしてしまいすみません。

娘は発疹はいまだあるものの
昨日から少し食欲も出て過ごしてくれていますので、(タミフルは飲ませておりません)
他の緊急性のある方を優先してくださって結構ですので、よろしくお願いします。

****
メールありがとうございました。
お二人の先生方のご意見で、安堵したとともに、
自分を顧みて愕然としました。

日頃から、発熱すると酷くなる前にという
思いから、病院を受診し処方薬をなるべく早めに
子供に飲ませていたためです。

浜先生のご指摘にあるような、薬疹の可能性なんて
全く考えておりませんでした。
今まで服用し大丈夫だったから、
という理由だけで飲ませておりました。

薬に頼らず、日頃からの生活と
発熱したら環境を整え、
ゆっくり休むというのが一番大事ですね。
改めて気付かされました。

今回を機に自分の薬に対するの姿勢を
見直すことができました。
ありがとうございます。

秦野様、お忙しいにも関わらず、
気にかけて下さいまして、ありがとうございます。
大変お世話になりました。

時節柄、お身体は大事になさってください。

[00618]

匿名さま

NPO法人医薬ビジランスセンター(薬のチェック) 浜 六郎(内科医)
がお答えします。

タミフルを服用する必要は、全くありません。
理由は、タミフルの症状軽減効果は見かけだけで、ウイルスを減ら
すこともなく、インフルエンザの重症化、肺炎、入院を防止しない
からです。そして、ただ、害があるだけだからです。

嘔吐をしても飲ませなさいという医師は、何を考えているのか、
不思議です。

 検査でインフルエンザA,Bの診断というのは、やや不自然ですが、
何れかのインフルエンザに罹患していることは間違いないでしょう。
とすると、「ウイルス性発疹」という皮膚科の診断も、不可解です。
ふつう、インフルエンザそのものでは、発疹はでませんから。

 そして、タミフルは、発疹を起こすことがあり、重症の薬疹
(中毒性表皮壊死融解症:TENやスティーブンス・ジョンソン症候群SJS)
の報告もあります。
 
 したがって、薬疹の可能性を考えずに、タミフルを続けるように
というのはさらに危険なことであり、とんでもないことです。

 他の薬剤(プルスマリンAやカルボシステイン)も、重症の薬疹を
起こすことがありますので、薬剤はすべて止めた方がよいです。

 インフルエンザにこれらの薬剤は不要です。よく体を休め、のどや鼻、
身体を冷やさないようにしていたら、身体が自然に治してくれます。
人間の自然治癒力は素晴らしいものですから、自信をもって自然治癒力
に任せましょう。

 インフルエンザに対する対処のし方について、詳しくは、私の著書
「薬で脳症にならないために」をお読みください。
http://www.npojip.org/contents/book/book011.html 

NPO法人医薬ビジランスセンター(薬のチェック) 浜 六郎
*****
② 小児科医の高木です。


インフルエンザは毎年流行しますね。
いつもですと流行し始めるとぐっと患者さんが多くなり
1か月でピークを過ぎます。

私の住んでいる群馬では例年と違ってここ1か月だらだらと
A型とB型のインフルエンザの患者さんが来院されています。
今のところ120人位と少ない患者さんですがみなさん
タミフルなどの抗インフルエンザ剤なども使用せず
4-5日位で自然に回復されています。

熱、咳、鼻水などの症状はインフルエンザウィルスを
体が排除しようとする働きなのです。
自然におさまっていくほうがすっきりと早く体が回復します。
こういった副作用のある薬を使わないといけないような病気では
ないのです。

多くの方にインフルエンザはどんな病気かを<
正しく知ってほしいなと思いながら診療をしています。
<<前の記事へ次の記事へ>>