サイトイメージ 最新ニュース イベント情報 ごあいさつ タミフルとは 薬害タミフル脳症被害者の会について 会員被害者の現状 活動記録 報道 皆様の声 お勧め本のご紹介 要望書一覧 リンク ご質問・ご意見

タミフル110番

 

HOME>>皆様の声(一覧表示)>>皆様の声(詳細)

皆様の声

<<前の記事へ次の記事へ>>

2017年01月18日 【572】 タミフル服用 /50歳 女性   匿名 さんより  ・・・・タミフル110..

年齢 = 48
>性別 = 女
>体重 = 50
>発症年月日 = 2016 1 10
>どのような被害 =
> >1月8日夜発熱。
>1月10日、タミフル服用前、38.5度程度の熱。インフル検査の結果、A型と診断、その
日の昼と夜タミフル服用。夜には解熱していて36度台。
>1月11日朝、ふらつき、舌のしびれ感。横になっている時呼吸が浅い感じ。(この日も
2回タミフル服用)
>2日で服薬やめるも、重度の不眠、下痢、ふらつき、舌のしびれ感続く。
>薬をやめて5日(今日)たつも、重度の不眠とふらつき感とれず。
>症状に対する治療 = 薬を止めた
>副作用に対する治療(その他) =
> >1月13日、近くの内科にも行きました。
>その時は下痢がひどかったので整腸剤のみ出していただき、様子み見る。
>1月16日、会社の診療所受診。血液検査(結果はまだでず)。
>自律神経調整薬、漢方(補中益気湯)、ビタミン剤をもらうも、自律神経失調症薬は
飲んでいない。
>現在の症状 = 回復していない 後遺症あり
>現在の症状(その他) = 夜、体が寝そうになるも、脳から覚醒の指令が出て、5分く
らいで起こされてしまう感じ。丸3日眠れなかったので、体力的にも限界だったため、
昨夜は、睡眠薬的な市販の薬服用。4時間くらいは寝られるも、寝ている時、首の後ろ
から背中にかけてしびれる(ぞくぞくする)ような感じあり。不快な眠り。日常生活に
支障あり。体力が落ちているせいか、咳が悪化。
>タミフル服用から副作用と思われる症状が出るまでの時間 = 10
>服薬記録 =
> >タミフル服薬回数4回(2日)
> >タミフル以外は、体力を補うビタミン剤や漢方、整腸剤。
>一度だけ、市販の睡眠改善薬を服薬。
>その他 =
> >夜寝られないので、体力も限界です。
>明らかに脳の睡眠回路が壊れてしまったようで、辛いです。
>仕事も復活できていない状態で、どういった病院に行ったらいいのか、どういう対処
をいたらいいのか、わからず、大変困っています。
> >症状が少しよくなったのは下痢のみで、不眠はどんどん悪化している感じです。

[00597]

匿名さま

NPO法人医薬ビジランスセンター(薬のチェック) 浜 六郎 (内科医)がお答えしま
す。

>タミフル服用から副作用と思われる症状が出るまでの時間 = 10時間
とのことですが、症状を記載されているのは、2回服用した後の翌朝ですから、
1回目の服用からすると、20時間程度は経過しているのではないでしょうか?

>ふらつき、舌のしびれ感。横になっている時呼吸が浅い感じ。
>重度の不眠、下痢、ふらつき、舌のしびれ感続く。

先日の相談の方の返事にも書きましたが、
タミフル服用後の異常行動や、感覚の異常の起こり方には、
2種類があります。

一つは、多くの場合に1回目の服用後1〜数時間以内に出現して、
比較的短時間に治まるタイプのものです。
これを「突然型反応」と言います。

もう一つは、1回目からの場合もありますが、多くは、
2回目あるいは、数回服用、あるいは全部服用した後から
始まり、比較的長く持続するタイプのものです。
これを、「遅発型反応」と言います。

タミフルは、インフルエンザウイルスが人の呼吸器の粘膜細胞から
離れる際に必要なノイラミニダーゼという酵素を阻害して、
離れなくする物質です。

ところが、ノイラミニダーゼは、ウイルスだけでなく、
人の身体の細胞にもあり、免疫反応を進めたり、痛みを感じたり、
あるいは、古くなった細胞成分を処理する働きをしています。

タミフルは、その反応を阻害するので、人の免疫力を低下して、
症状を軽くするのですが、同時に、他の正常の細胞が老化してしまいます。
タミフルの作用の影響を受けやすい人に、様々な影響がでるのですが、
影響された、細胞の成分が、入れ替わると、症状はすっきりと取れてきます。

このことについて、私自身が書いた英文の論文があります。
http://www.npojip.org/sokuho/160726.html
その日本語訳の要旨の部分だけでもお読みいただければ、
と思います。

あなたに起きた症状は、「遅発型反応」と考えられます。
下痢は、比較的少ないのですが、ふらつきや、舌の痺れ、不眠、
は起こることがあります

幻覚や妄想といった症状がでることまであります。
実際にはありもしない「痛み」や「しびれ」を感じるのも、
一種の幻覚と考えられます。

>体が寝そうになるも、脳から覚醒の指令。
>夜寝られないので、体力も限界です。
>明らかに脳の睡眠回路が壊れてしまったようで、辛いです。
>仕事も復活できていない状態で、どういった病院に行ったらいいのか、
>どういう対処をいたらいいのか、わからず、大変困っています。
>症状が少しよくなったのは下痢のみで、不眠はどんどん悪化している感じです。

遅発型の場合には、非常に長く続く人では、数か月とか、
1年近く続くこともありますが、多くの場合は、数日から
1〜2週間で治まっていきます。

どんなに治療をしても、ほとんど効果はありません。
影響された細胞成分が、新しいものに置き換わると、
すっきりと、元通りの身体に、かならず戻ります。

鎮痛剤や鎮静剤、安定剤などを処方されて服用すると、
かえってややこしくなるだけで、それで治ることはありませんので、
余計な治療は受けないようにしてください。

ご心配だとは思いますが、辛抱強く待つのが一番です。

飲まなくなってからほぼ1週間が経過しているようですので、
もちろん、突発型の副作用の心配はありません。
あとは、遅発型の反応が、自然に回復するのを、待っていただければ
よいと思います。

>不眠はどんどん悪化している感じ

これからどうなるのだろうと、強い不安を抱かれていることと存じます。
そのことが、タミフルの副作用による不眠以上に、あなたを不眠に陥れて
いるように思われます。
先にも書きましたが、タミフルによる遅発性の反応は、影響された細胞成分が、
新しいものに置き換わると、すっきりと元通りの身体に、かならず戻ります。

安心してください。

そして、
目をつぶって横になっているだけで、眠っているときの半分、
うつらうつらしていると、眠っているときの2/3の睡眠(休息)効果
があります。

あせらず、これで回復していくのだ、と言い聞かせながら
横になって目をつぶっていてください。
そのうちに、かならず、眠ることができますから。

NPO法人医薬ビジランスセンター(薬のチェック) 浜 六郎

◆572番(2017.1.18相談)の者です。
先生、あたたかいご回答、ありがとうございました。

明日、神経内科を受診しようと主人と話していたところでした。
回答を拝見し、受診はやめて、辛抱強く待つことにします。

タミフルをやめて今日でちょうど1週間ですが、現在も症状は様々出ており、どんどん強くなっているので、仕事に行けず、家で養生しています。

今の症状で辛いのは、
①首の後ろから肩甲骨あたりにかけて締め付けられる感じで、ふわふわふらふらしていて焦点が合わない感じ、息苦しい感じ。

②寝ている時に脱力すると全身がしびれるような体に電流が流れるような不快な感じ。腰のあたりがけいれんすることもある。

このような症状も幻覚の一つなのでしょうか?

また少しでも症状を和らげるような民間療法的なものは試してみてもいいのでしょうか?

①リラックス効果のあるお茶をのむ
②漢方薬
③鍼、マッサージなど
④半身浴(今毎日30分ほどやって汗をかなりかいています)

あと、咳ぜんそく気味で、咳がかなり激しく、辛いです。

咳止めなど処方してもらうのもやめたほうがいいでしょうか?


「細胞が入れ替われば必ず元の体に戻る」
この言葉に本当に勇気づけられました。

ありがとうございました。

<<前の記事へ次の記事へ>>