サイトイメージ 最新ニュース イベント情報 ごあいさつ タミフルとは 薬害タミフル脳症被害者の会について 会員被害者の現状 活動記録 報道 皆様の声 お勧め本のご紹介 要望書一覧 リンク ご質問・ご意見

タミフル110番

 

HOME>>皆様の声(一覧表示)>>皆様の声(詳細)

皆様の声

<<前の記事へ次の記事へ>>

2014年01月25日 【517】 42歳妊婦タミフル服用 低体温に //匿名 さんより  ・・・・タミフル110番より

被害を受けた方 = 自分
年齢 = 42
性別 = 女
体重 = 61
発症年月日 = 2014 1 18
どのような被害 =

現在妊娠33週の妊婦。17日未明高熱で熊本地域医療センターに診察。
インフルエンザAと診断。タミフルをすぐ服用。
明け方から夕方まで38.5℃〜39.6℃繰り返す。
18日未明から発汗し出し、36℃台に。7持台には34℃台〜32℃台を繰り返す。
産婦人科に電話するが、専門外で分からないので、内科に行くよう言われ、内科では胎児への低体温の影響が分からないと言われる。
仕方なく湯タンポで腹部を暖めるとその間だけは35℃台に上がるが、布団から出るとまた34℃台に。
地域医療センターでは5日間飲みきるよう言われていましたが
胎児への低体温の影響が心配で、タミフルの内服を悩んでいます。掛かり付け医師は内科も産婦人科も胎児への影響に答えられないようで、不安です。
症状に対 する治療 = その他
副作用に対する治療(その他) = 食欲はありませんが、なるべく暖かい汁物をいただくか、湯タンポで腹部を暖めるくらいしか出来てません。
現在の症状 = 回復していない
現在の症状(その他) = 湯タンポから離れるとまた低体温になったので
タミフル服用から副作用と思われる症状が出るまでの時間 = 約24時間
服薬記録 = タミフルのみ現時点で4錠
その他 =

[00538]

医薬ビジランスセンター(薬のチェック) 浜がお答えします。

>現在妊娠33週の妊婦。17日未明高熱で熊本地域医療センターに診察。
>インフルエンザAと診断。タミフルをすぐ服用。
>明け方から夕方まで38.5℃〜39.6℃繰り返す。
>18日未明から発汗し出し、36℃台に。7持台には34℃台〜32℃台を繰り返す。
>産婦人科に電話するが、専門外で分からないので、内科に行くよう言われ、
>内科では胎児への低体温の影響が分からないと言われる。

たらいまわしにされて本当に大変でしたですね。
低体温はタミフルが原因です。
タミフルは脳に働いて、体温の調節力を失わせるので、強力な解熱作用があります。

>仕方なく湯タンポで腹部を暖めるとその間だけは35℃台に上がるが、布団から出ると
また34℃台に。

体温が低下しているときに温めるのはよいことです。
ただ、腹部を直接温めすぎて、胎児が過剰な高体温にはならないように、
気を付けてください。

>地域医療センターでは5日間飲みきるよう言われていましたが
>胎児への低体温の影響が心配で、タミフルの内服を悩んでいます。

悩むことはありません。
即効、中止してください。中止して問題はありません。、
中止しないことのほうが、より危険です。

>掛かり付け医師は内科も産婦人科も胎児への影響に答えられないようで、不安です。

産婦人科医には、流産の危険性がないかどうかと、
胎児の心音など健康状態はどうなのかについて、
きちんと把握してもらってください。

通常、内科医には、何もわからないと思います。

医薬ビジランスセンター(薬のチェック)浜六郎

<<前の記事へ次の記事へ>>