サイトイメージ 最新ニュース イベント情報 ごあいさつ タミフルとは 薬害タミフル脳症被害者の会について 会員被害者の現状 活動記録 報道 皆様の声 お勧め本のご紹介 要望書一覧 リンク ご質問・ご意見

タミフル110番

 

HOME>>皆様の声(一覧表示)>>皆様の声(詳細)

皆様の声

<<前の記事へ次の記事へ>>

2013年02月10日 【510】 42歳女性タミフル服用 //匿名 さんより  ・・・・タミフル110番より

被害を受けた方 = 本人
年齢 = 42
性別 = 女
体重 = 58
発症年月日 = 2013 2 6
どのような被害 =

2月6日にインフルエンザA型が発症し、38度以上の熱などの症状が出始めました。7日には39度、8日には38度〜37度台であったため、一応病院にも行かなければと思い、8日に受診しました。タミフルを処方され、処方直後と夜に服用しまして夜は休みました。
 深夜1時すぎ、体の不快感と大量の寝汗で目覚めました(寝汗は体調不良のせいだと思いますが)。体がムズムズしてじっと寝ていることができないような感じです。しばらく40分位、足を動かしたり、足を揉んだり、トイレに行ったりして過ごし、なんとなくイライラというか嫌な気分で過ごしましたが、再び入眠していました。次の日は解熱し、体も久しぶりに元気になった気がしましたが、何故かイライラし、気分が不安定で主人や娘に些細なこ とで怒りをぶつけています。いつもとは何故か違うのです。この「何故か」がとても大きなことなのです。家族に申し訳なく思いましたがどうしようもなくて。その日の朝もタミフル服用しましたが、夕は服用せず眠りました。そして昨日の深夜も同じ1時過ぎに目覚め、前日と同じ症状がありました。大量の寝汗と体の不快感。息苦しさもあり、また、しばらくもぞもぞ動いたり、足を揉んだり、トイレに行ったり。
 私は以前、歯科治療の際に処方された抗生剤を数日服薬した後に精神的に不安定になり、悲しくて死にたくなったことがありました。その時は心にあったさまざまな不安が一気に吹き出したような感じでした。それ以来抗生剤は飲まないようにしていたのですが、今回のインフルエンザでタミフ ルを何の疑問をもつこともなく服薬してしまいました。
 私は薬には弱い体質なのでしょうか?実は娘にもインフルエンザの予防として私に処方されたタミフルを飲ませています。何故かその日は勉強に集中できないと話すのですが、タミフルに関連づけるのは無理があるでしょうか。
 私は特に持病はありません。治療している病気もありません。ただ、今、貧血ぎみなので治療するかどうかという程度です。
症状に対する治療 = 薬を止めた
副作用に対する治療(その他) =
現在の症状(その他) = 服用をやめ、今夜も様子をみてみる
タミフル服用から副作用と思われる症状が出るまでの時間 = 6時間
服薬記録 = タミフル服用回数3回、そのほかの薬は服用なし、たまに動悸があるときは「救心」を服用
その他 = 特になし

[00531]

NPO法人医薬ビジランスセンター(薬のチェック) 浜(内科医)がお答えします。

>2月6日にインフルエンザA型が発症し、38度以上の熱などの症状が出始めました。
>7日には39度、8日には38度〜37度台であったため、一応病院にも行かなければと思い、
>8日に受診しました。タミフルを処方され、処方直後と夜に服用しまして夜は休みました

>深夜1時すぎ、体の不快感と大量の寝汗で目覚めました(寝汗は体調不良のせいだと思い
ますが)。


解熱に伴って大量の汗をかいたのでしょう。自然に解熱した時に汗をかいた時には、
ふつうは、気持ちがよくなるものですが.

>体がムズムズしてじっと寝ていることができないような感じです。
>しばらく40分位、足を動かしたり、足を揉んだり、トイレに行ったりして過ごし、
>なんとなくイライラというか嫌な気分で過ごしましたが、再び入眠していました。

不快感など、いろんな症状を伴っていたのは、本来まだ体温が高くなければならないのに
体温が低下したからと、タミフルの影響があったのでしょう。

>次の日は解熱し、体も久しぶりに元気になった気がしましたが、
>何故かイライラし、気分が不安定で主人や娘に些細なことで怒りをぶつけています。
>いつもとは何故か違うのです。この「何故か」がとても大きなことなのです。
>家族に申し訳なく思いましたがどうしようもなくて。その日の朝もタミフル服用しまし
たが、
>夕は服用せず眠りました。そして昨日の深夜も同じ1時過ぎに目覚め、
>前日と同じ症状がありました。大量の寝汗と体の不快感。
>息苦しさもあり、また、しばらくもぞもぞ動いたり、足を揉んだり、トイレに行ったり


呼吸が小さくなって、酸素不足になると、ふつう、大きな呼吸をしなさいと、
脳が指令を出すのですが、タミフルが脳中にたくさん移行すると、その指令を
抑えてしまうために、酸素不足になり、息苦しくなるのです。

>私は以前、歯科治療の際に処方された抗生剤を数日服薬した後に精神的に不安定になり

>悲しくて死にたくなったことがありました。その時は心にあったさまざまな不安が一気

>吹き出したような感じでした。それ以来抗生剤は飲まないようにしていたのですが、

抗生物質の中でも、とくにクラリスロマイシンやアジスロマイシンなど、マクロライド系

抗生物質は、そうした影響が出やすいです。

>今回のインフルエンザでタミフルを何の疑問をもつこともなく服薬してしまいました。

適切な情報を、国がことさらに抑えていますので、私たちの情報が、皆さんに届いていな

ためです。私たちももっと頑張りたいと思います。

>私は薬には弱い体質なのでしょうか?実は娘にもインフルエンザの予防として
>私に処方されたタミフルを飲ませています。

タミフルは、インフルエンザの感染を予防する効果は一切ありません。
ただ、検査でインフルエンザウイルスが検出されにくくなるだけです。
ですから、意味がありません。

それに、あなたに処方されたものを自分以外の人(たとえ家族でも)には決して
使うことのないようにしてください。万一何か害があったとしても、どこにも
訴えることができません。
しかも、あなたには害があったものなのですから。

>何故かその日は勉強に集中できない、
>と話すのですが、タミフルに関連づけるのは無理があるでしょうか。

熱があるときに勉強に集中できないのは当然ですが、予防に用いたということは
まだインフルエンザには感染していない時ですから、関連があるかもしれません。

それに、タミフルが脳に移行しやすい、という体質は、親子で似ているでしょう。
肝臓での代謝や、血液-脳関門のタンパクの働き(血液から脳内に移行するのを
ブロックする働きをします)は、似ていて不思議はないと思います。

>症状に対する治療 = 薬を止めた
>現在の症状(その他) = 服用をやめ、今夜も様子をみてみる

服用をやめても何の不都合もありませんし、止めて正解です。
何度も薬剤の害にあっておられるようですので、今後は、
薬剤には慎重になった方がよいのでは?
(たぶんすでにお気づきでしょうが、念のため)

NPO法人医薬ビジランスセンター(薬のチェック) 浜 六郎
<<前の記事へ次の記事へ>>